http://health.nikkei.co.jp/kafun/hisan.html
http://health.nikkei.co.jp/kafun/details.cfm?area=2

 花粉情報によると<田辺製薬>東京地域では、まだまだ少ないそうです。

 散歩道の両脇に並ぶ柳の枝に、春の息吹の新芽が淡い黄緑色で芽吹きはじめました。   あと一週間でしょうか。
 黄緑色のレースのカーテンのようにゆれ始める事でしょう。
備前岡山は古くから米処といわれ、その良質な備前米を原料にして、糀(こうじ)
からつくり始め、もち米などを加えながら日数をかけて、成熟した甘酒を仕上げていきます。
これに、小麦粉を混合し発酵させて生地を調製していきます。この生地で小豆を特製の
白双糖で練り上げた漉し餡を、薄く包み蒸し上げると、甘酒の豊潤な香りを漂わせながら
できあがりです。特徴としては、昔ながらの基本製法でつくるため、甘酒のコクが餡の
甘大手饅頭は、初代伊部屋永吉が、当時の備前藩主池田侯から特に寵愛を受け
お茶会の席には必ず伊部焼の茶器と共に、愛用されていたといいます。
大手饅頭の名称は、当時の店が岡山城大手門附近にあったため、藩侯から
いただいたと伝えられています。親しみやすい名前と風味豊かな味わいが
好評です。





TITLE:大手まんじゅう
DATE:2005/02/06 22:09
URL:http://www.asahi-net.or.jp/~wn7t-ymd/ootemanjyu.htm          お茶さとよく調和し、味わいがまろやかなところです。


c0050857_2217924.jpg

花粉症には乳酸菌

***の黒焼きと言うのを、子供の頃、寝ションベンの薬で飲んだのを思い出します。


<今日の日経新聞の社会面>
アイティケイ、スギ花粉の黒焼き入り健康食品
 【福山】自然食品製造のアイティケイ(広島県福山市、向井康雄社長)は、花粉症予防効果があるといわれるスギ花粉の黒焼き入り健康食品「黒焼花粉」=写真=を発売した。飛来直前のスギの雄花を摘み取り、空気を遮断して炭化させ粉末状にした。価格は30本(1本は1グラム入り)で8400円で、1日1―2本の使用を想定。同社のホームページや全国の有名百貨店などで販売する。
c0050857_2150112.jpg

 花粉の黒焼きが花粉症に効くメカニズムはまだ解明されていないものの、昔から民間療法として普及しているという。

作って、売る人が居るのが不思議です。

私は、ひどい花粉症に悩まされ、殆んどありとあらゆる方法を試みましたが、
現在は、喘息の治療薬をほんの少し処方してもらい、病状をかわしています。

個人差が在るでしょうが、ひどくしてしまわない対策が肝心のようです。
普段着のデザイン

「ここまでやるかの、サービスの心遣いのデザイン追及と」

紙コップにお湯だけ入れて、自分でティーバックを入れて飲んで下さい。
随分と隔たりが在る様に思いませんか。

タダ程、高い物はない、

ドリンクサービスで、得をした気分のお客様と、〔やりきれない、損をした気分のお客様」
お店は、択一的に、一方のお客様を切り捨てているのです。
奈良漬

マグロのづけと、奈良漬けでなんとも、
なんとも、おなかが鳴っちゃいます。
エキサイトブログ1周年記念プレゼントブログへようこそ!

おいしいお寿司の賞品も、なかなか良いね
お土産に、〔勇気のお好みも付けて下さい。」
勿論応募します。
c0050857_10194495.jpg


       
ピアスは、1947年の創業以来、「カバーマーク」や「アクセーヌ」「ケサランパサラン」などの化粧品や健康関連品の製造販売、およびエステティックサロンの運営、さらに医薬品も加え、「美容と健康」の分野において、さまざまなサービスを提供してまいりました。 
 刻々と変化する時代のニーズに合わせて当社自身も進化する中、いつも変わらずに志しているのは、常に「リアルな製品」をお届けするということ。本当の効果が実感できる、魅力的で明確なベネフィットをもつ製品づくりを第一に考えています。
 そのような製品をできる限り多くの人々に永続的に提供し、積極的に社会に貢献していきたいと考えております。
c0050857_11462153.jpg


先日は、足が痛くなり歩けなくなって病院に行きました、
大きな、イヌ用のバッグに入れても、とてもとても、重いの何の、自動車までも一苦労です
c0050857_2213037.jpgc0050857_22133149.jpg
幸いな事に
骨折や、思い病気ではなくて、
1週間ほどの安静で、(痛み止めのクスリ)で回復をしました。
皇太子妃としての悩み、心身の不調
1 昨年春から体調を崩し、そのために公務をお休みし、休養を取っていました。その間、皇太子から「雅子のキャリアや、そのことに基づいた人格を否定するような動きがあったことも事実です」との、強い表現での言葉もありました。

 民間から皇室に入り、公務の問題、お世継ぎの問題、さらに人格攻撃まであったとしたら、それはどれほどお辛かったことでしょう。

 皇室に入ってしまえば、簡単に外出して気晴らしもできあせんし、簡単に実家に戻ってリラックスすることなども、もちろんできません。

 静養が長引くにつれ、海外のマスコミから様々な診断名の憶測記事が出ます。「うつ病」「○○神経症」。

 そして、今回発表された診断名が、「適応障害」でした。

今回、雅子妃は、医師らと相談のうえで文言を考え、発表したそうです。

適応障害

 「適応」も「障害」も、特別な言葉ではありませんが、診断名としての「適応障害」は、多くの人にとってなじみのないものでしょう。

 アメリカの精神医学会の定義(DSM4)や、WHO世界保健機関の分類(ICD10)をみると、適応障害とは、次のようなものです。

 まず、症状としては、抑うつ感、不安、絶望感、動悸や振るえなどの身体的不調、そして、これらの苦痛のために、時には乱暴な言動が出てしまうこともあります。

 原因としては、明らかなストレス要因があること。そして、他の心の病気(うつ病とか神経症など)が原因になっていないことです。

 と、簡単に説明しましたが、はっきり言えば、他の心の病に比べて、よく分からない診断名です。
(心の病は、時代により、国により、その分類や名称がどんどん変わっていくということもありますが。)
 たしかに、生活に支障をきたすような症状はある、しかし他のどの心の病でもない、そういうときにつけられる診断名ともいえるでしょう。
 ですから、適応障害は、他の心の病にも増して、だれもがかかる心の病なのです。
今回、自らの心の病について、同意した上で発表してくださったこと、大変勇気ある行為だと思います。
 私たちは、これにどう応えられるでしょうか。
 有能で、仕事にも、主婦、妻としてもやる気をもっている、そんな一人の女性。ただし、あまりにも有名で、注目されすぎる女性。この方を支えていくことができるでしょうか。
マスコミや国民の態度は、病を悪化させかねない大きなストレスにもなれば、治療として働く力強い支えにもなります。
 影響力のある有名人が自らの病気に付いて語ることは、その病気で悩むひと全体の大きな力になります。
 皇太子妃自身のためにも、また心の病で悩む人々、仕事や家庭の問題で悩むすべての人々のために、回復と復帰をお祈りしています。



TITLE:雅子妃、適応障害診断 から学ぶ 私たちの心の健康
DATE:2005/02/05 21:29
URL:http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/iyasi/2004/imperial_masako.html
ダイエーの産業再生機構への支援要請、
総帥堤義明氏の西武鉄道グループの全役職辞任と、社会的に話題になる大きなニュースがほぼ同着で起きた。タイミングは偶然だろうが、この二つの企業グループには共通するものがある。
 時代遅れのビジネスモデル

 かつて地価上昇のうまみを享受して大いに潤った点である。ダイエーは土地を担保にした借金経営により、小売業日本一となって、百貨店、外食、ホテル、プロ野球と手を広げ、一大コングロマリットをつくり上げた。西武鉄道グループも、金利の支払いで利益を圧縮して節税をはかり、利益は土地の含み益として蓄積し、隠然たるパワーを誇った。オーナーの堤氏は一時、世界的な大富豪とはやされた。

 だが、こうしたビジネスモデルは、とうの昔に時代遅れになっていた。7月1日時点の基準地価は、ようやく大都市圏で下げ止まりの兆しが出てきたが、全国平均は13年連続して下落した。商業地はピーク時と比べて58%低下し、1977年の水準を割る状態である。

 かつての地価の上昇は、自ら手がけた開発プロジェクトの余得という側面もあるが、基本的には右肩上がりの日本経済が産んだ土地神話のお陰である。それに巧みに乗った点は、目端が利いていたとも言える。しかし今も後遺症に苦しむ副作用があった。

 本業の経営が甘くなるという問題である。土地の取引や利用法を決めるのは、最終的にはトップの判断に頼らざるを得ない。土地がらみの事業は、トップダウン型の経営になりがちだ。ダイエーも西武鉄道グループも、ワンマン経営で知られた企業である。このため顧客よりもトップの意向を重視する体質が強まり、いざ本業を強化しようとしても思うようにいかない。

 ダイエーは2001年に一回目の金融支援を受けた時から、販売力の立て直しが課題と言われ続けてきた。しかし2004年8月中間決算で明らかな通り、一向に改善していない。既存店の売上高は前年同期比5%減と、計画していた同1%減を大幅に下回った。

 不採算店を閉めたり資産を売却して借入金を減らしたりしても、肝心な売り上げが伸びなければ、いつまでたっても経営は安定しない。ダイエーではかつて、創業者の中内功氏と長男の中内潤氏の決めた方針が絶対で、いわば中央集権的な経営が長い間続いていた。

 社員の能力サビつく

 再建のために戻った高木邦夫社長は、社員の活性化に努めたが、成果はあまり上がらなかった。債務の返済が優先したので、店舗の改装に回す資金の捻出に苦労した。しかしそれ以上に問題だったのは、社員の能力がサビついていたことだ。プロ野球のホークスの優勝セールが、大事な集客手段というのだから、実力のほどは推して知るべしだ。

 堤氏がオーナーであるコクドを中心とする西武鉄道グループも今や、節税のためだといって赤字を許容できる余裕はない。中核のコクドは前3月期が前期と比べ売り上げが減り営業赤字である。コクドの完全子会社であるプリンスホテルの経営も厳しい。西武ライオンズも赤字で、一時、堤氏が球界再編に積極的に動いたのはご存じのとおりだ。

 バブル時代は、高い料金のゴルフ場にも客は来た。しかし今や、レジャー事業で成功をおさめるには、消費者を引きつける創造的な施設作りと運営が必要である。堤総帥の意向を最優先して、上意下達になれた社員には、難しい注文かもしれない。

 人間の能力が高く評価される、まともな時代になって、土地を愛したダイエーや西武鉄道グループが苦戦するのはしかたが無いのだろう。



TITLE:NET EYE プロの視点
DATE:2005/02/05 11:41
URL:http://www.nikkei.co.jp/neteye5/mori/20041018n27ai000_18.html

森 一夫 編集委員


「彩・食・健・美」をテーマに東京屈指のファッション、カルチャー発信の地、青山にラ・ポルト青山」がオープンした。

c0050857_9134524.jpg


次はおいしいお店の紹介をします。
ピンクの濃い色が沖縄らしさです2月15日頃までc0050857_9445856.jpgc0050857_94535100.jpg
c0050857_9312294.jpg

c0050857_9315262.jpg

今日の散歩
c0050857_9533838.jpg
c0050857_9541037.jpg


すごく、いいと思うよ。 
会う人、皆に勧めています。 
でかい富士山を、一枚、部屋に飾りたいね。