<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

天野祐吉さんがお亡くなりになった。

朝日新聞の名コラム「CM天気図』で1132回を続けられた

1984年からというから29年近くになる。

近所で、毎日ご挨拶するおじさんのようであった。

c0050857_9182637.jpg
c0050857_9181357.jpg


「フツーを貫いた思索者」

であったと評伝ではお悔やみしている。

「これおかしくない?」とか
「そうだよね~」とか

穏やかな語り口のご隠居でした。
<今日がダメなら明日にしまチョ
/明日がダメならあさってにしまチョ
/あさってがダメならしあさってにしまチョ
/どこまでいっても明日がある

> 「ひょうたん島」の原作者、井上ひさしさんと山元護久さんが作詞した
1020東京新聞「筆洗い」から

俺に続け と言う大統領は頼もしいものです。

今すぐにできなくても、必ず実現できると太鼓判を押してくれる勇気が必要です

やらなければ、決して実現できません。
c0050857_1173690.jpg

秋の海九十九里浜路裏へ入ればほのかに匂う干魚

           東金市 山本 寒苦
  
  千葉の干物は旨いので思わず座布団一枚

指先の感覚はたぶんこのためにあるんだ君と手をつなぐとき

           熊本市  近藤 史紀

  ドキドキする気持ちはいつまでも色あせない


c0050857_18311484.jpg

「勇気」は今年で11歳 
中型犬の部類のカーディガンコーギー種ですので
平均的な寿命からすると、そろそろの年齢です。

小型犬であれば14歳くらいが、犬の寿命の平均で、
体が大きい、犬種になると短命なようです。

「勇気」の加齢の進行は、今年に入ってから顕著です。
人間様とも同じ。でもありますが

白髪が驚く程に増えて、
驚く程に、立派な牙が2本ともが抜けてしまいました。
元気一杯に走り回れたのは昔のことです。
最近はよたよた歩きです。

飼い主も、同じように歳を重ねて 
相憐れむ、関係です。
c0050857_1046470.jpg


c0050857_10475246.jpg

c0050857_10484390.jpg



c0050857_10495120.jpg

今朝は6時過ぎから「勇気」とお散歩に出かけました。
夜半に降った雨が晴れて、
雑木林の散歩道の気持ちの良いことと言ったら
これ以上の時はありません。

林を抜けた頃、また降り出しました。
c0050857_811119.jpg

c0050857_8113125.jpg

c0050857_8123472.jpg

c0050857_8132237.jpg

年々 歳をとるのは仕方がなく
今年も病気にならずに 秋を迎えられたことを喜ぶべきでしょう
11歳で少し、足元がおぼつかなくなりました

c0050857_11205139.jpg

 八木千賀子さん撮影
c0050857_11222896.jpg
c0050857_11221338.jpg
c0050857_11214683.jpg

秋の虫に包囲されつつ弓を引く素引なれども力満ちくる

  静かな道場に虫の声、空には満月でしょうか三日月でしょうか
  静寂の時の中で 素引きの所作をする作者が浮かんできます。

                    (横浜市)松村千津子

東京は安全ですと言われれば区別の助詞の「は」が引っかかる

 ますます、気になるようになります。
 食べ物はどうでしょうか 魚屋でも、港の表示に気になります。
 2年半を経過しても、垂れ流しで、魚は逃げられずに、汚染されるまま
 農家も作物を作らないわけにはゆかないでしょう。 同じくです

                  (枚方市) 小島節子

雲はまだ真夏のかたち空だけが運動会の色に近づく

 運動会の色とは、驚く感性です。
 梨子さんの言葉を見る目です。 
 

                  (富山市)松田 梨子

 
c0050857_11132431.jpg


樺澤幸彦撮影ー秋の月