<   2013年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2013年の桜は 例年よりも早く咲き始めましたものの、寒い日が有り
あと2日くらいは、満開でいるでしょう
八重の桜は まだ咲いていません。

テレビドラマの方は、まだ娘時代をしており
今週あたりが、初めての結婚でしょうか、
ちらし寿司のように、豪華な脇役が、様々の個性を楽しませてくれます。

兄嫁のウラ役の長谷川さんと始めての結婚相手役の長谷川さん
c0050857_15274077.jpg
c0050857_15285559.jpg
どちらも、良い脇役ですね。

さて、勇気のお散歩道、満開の桜道は今週で最後です。
c0050857_15313760.jpg
c0050857_1532336.jpg
c0050857_15325890.jpg
c0050857_15333284.jpg
c0050857_153415.jpg

c0050857_15363950.jpg

例年より、暖かかったここ10日あまりのお天気で桜は満開です。

しかしながら、花見への出足は鈍いのは景気の先行きを連想します。
アベノミクスで、デフレの脱却への期待から、株式市場も沸いていますが

米国株にしても、史上最高株価が、この先も続くわけはなく
プロ投資家は、利益確保出来次第店じまいでしょう。

米国の財政の崖がなくなったわけではなく
日本の巨額債務は更に増える事も当然だからです。
キプロスの国民は、今まさに
国民の預金と資産を2割カットする法案を否応無しに飲まざる得ません。

我が家では、当面の処、不安はありますものの
今年の春を、ゆるゆる、楽しんでいます。

c0050857_14105256.jpg
c0050857_14114355.jpg
c0050857_14121652.jpg

c0050857_14153973.jpg

今朝のお散歩道から
c0050857_14445854.jpg

c0050857_14455977.jpg


高木 佳子 歌集より 抜粋

くちびるに雪かと思ふ指あててたれにも言つてはいけないと言ふ
                      (「覆ふ」)
手花火の重さが赤きサルビアと等しきことをまた言ひ出せず
                      (「哀原」)
ひやしんす水に浸してそのみづの下のあたりを覆へりくらく
                      (「覆ふ」)
ミルフィーユむごく崩せるけふの日のこの切り岸のごときいつとき
                      (「冬の光」)
蜂蜜に花梨沈めてゆくときの緩慢 前に見しことのある
                      (「界雷」)
深くふかく目を瞑るなり本当に吾らが見るべきものを見るため
                      (「見よ」)

c0050857_14471724.jpg

内田 正泰 さんの作品です・

どの作品も、スチール写真にはない、心象風景が切り取られています。

往く春
c0050857_223367.jpg

春こみち
c0050857_2243791.jpg

春とまる
c0050857_2254525.jpg

雪が消えたら
c0050857_2263431.jpg

鳶ピーヒョロ
c0050857_2271988.jpg

萌える丘
c0050857_22817.jpg

c0050857_10244523.jpg
c0050857_1025614.jpg

琥珀石透かすいつときゆふぐれは右の眼にのみ訪れぬ

見よ、それが欠伸をすればをののきて逃げまどふのみちひさき吾ら

skypeにみづうみの映ゆすぎゆきに潜水士帰らざりしみづうみ

いつくしく薄暮となりて青鷺はとけゆくごとく片脚に立つ

金木犀および少女ら香りけふの日をうしなひながら生きつつあらむ

高木佳子さん 「青雨記」から

c0050857_10125654.jpg


透きとほるそれら雨滴のふくらみてあをく動きつ傘の傾きに

刈られたる草の全きたふれふし辺りの空気あをみ帯びたり


あおいろの雨はしずかに浸みゆきて地はふかぶかと浸されてゐる

しづみゆく糖の崩れを見送りぬアールグレイのその深さまで

3月18日 朝日歌壇 
年をとっても悪くありません 
新鮮な驚きに出会える日々が新しい

蛸の穴は子にも秘密と銛を引っさげおばあ出で立つ春の大潮

    (沖縄県) 和田 静子
c0050857_923554.jpg

九十四歳ICUより生還しカーテン揺らす微風に逢う

    (鎌倉市) 伊藤 長門
c0050857_9235774.jpg

今朝の散歩道 思いの外に強い風
強い風に水面が波打っています。
c0050857_905037.jpg


柳の木の枝が風になびいいて、生き生きとして、踊っているように見えます。
c0050857_93342.jpg

この頃は、すっかり嵌って 毎週楽しみにしています。八重の桜

週替りで、渋い脇役が、舞台を彩ります。
その他の方も、豪華絢爛 皿鉢料理のような塩梅です。
c0050857_2351194.jpg
今週は 蛤御門の変の前夜 佐久間象山が討たれる場面
騎馬で山階宮家(やましなのみやけ)よりの帰途に、
尊皇攘夷派の肥後藩士・河上彦斎(げんさい)らに暗殺された象山を奥田瑛二さんが演じました。
c0050857_2372510.jpg

脇役といえば、中村獅童さんも、同じく光ります。

まだ始まつたばかりなので まずは、見てくれる方を集める作戦の様です。
主役は、まだ、お供え程度ですが これから重くなるでしょう。
期待しましょう。

c0050857_23142976.jpg
by alteri | 2013-03-17 23:16 | 映画
いよいよ、暖かくなり 観葉植物を外に出しても大丈夫でしょうか
まだまだ、寒い日がもどる時もあり、所によっては春の大雪もあるかもしれません。
しかし、いつまでも、室内に置いておくと、植物の方も光に植えてしまします。

思い切って出てもらいました。
c0050857_1492790.jpg
c0050857_150501.jpg

足元に すみれだの、サクラソウなど咲いています。
c0050857_1524519.jpg

c0050857_153145.jpg

c0050857_1542236.jpg
c0050857_1544897.jpg