<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

よく言ってくれまし。
10月30日  日産自動車のカルロス・ゴーン社長
c0050857_2273411.jpg


現在の円高は異常であり 
1ドル100円程度に是正すべきだ。


よく言ってくれました。
わかり切ったほどの、このことを政府首脳が手を打たないことへのいら立ちです。

日銀も10兆円の緩和を2か月続けていますが、効果は定かでありません。

銀行は、預金で国債を買うばかりで、市場にはお金は回りません。
しかし、年明けには 1ドル100円の円安になるとしたらどうなるでしょうか。

20%の円資産価値が消滅します。(円安になるということ)

日本に円資産で置いていたお金が逃げ出すことでしょう。

それでも、輸出するものがすべて赤字になるより良いのです。
やる気があれば出来る。

革新的な出来事になるでしょう。
5年も10年も、何もしないで垂れ流しの円高が続いているのですから。

ここでリベンジして欲しいものです。
ただ、株価は下がるかもしれませんね。
10月21日の産経新聞 「言のついでに」清湖口 敏論説委員の
c0050857_913022.jpg

朝日歌壇が映す「思想」についてを読んで

確かに、最近の週刊朝日のことなど見ていると大丈夫かなと思います。
記者会見の様子などを見ると、随分苛められている(朝日の記者)印象もあります
だからと言って、やり過ぎの感は否めず、取り返しのつかぬ事の様にも見えます。

朝日歌壇でも同じとは思えませんが

今朝22日の句から
 
またねとはもう会えぬかも秋の暮   京都市 岸田 健

換え時の着ている箒,落葉掃く 茅ヶ崎市 宮崎 幸信

露の世や露しか愛でることもできず
 長岡市 内山 秀隆

世相の秋と重ねて読むと、寂しい政局の行く末を感じます。
選者には、俗念などないと思いますが、

俗念を込めて読んでみました。