<   2008年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

最近の、事象に共通しているキーワードは
「(問題解決の)熱意が感じられない」
この言葉かも知れません。
c0050857_21324851.jpg

最近の事象に対して、政府の姿勢に共通する、
問題解決の)熱意が感じられない」のが、
このところ日常的で
当たり前になっているからでは、
無いでしょうか
『フフフ そんな事は有りません、』 
フクダ道理の 言葉が聞こえるようです。

此処の処、地震や災害が立て続けに起こりますが
そんな緊急時であっても
国民の立場に立っている気持ちを感じません

冒頭の「(問題解決の)熱意が感じられない」
のは拉致問題についての政府の姿勢についてです.

簡単ではない、相手のあることですが

この様にします、とはっきりと、
政策を、国民に明示してほしいと思います。
c0050857_21195354.jpg


現在まで、必死で取り組んできた事を
忘れないでく 欲しいと思います
道は、 必ず繋がる と姿勢を示して戴きたいです。
今年も岩たばこの花が咲きました

6~7月に花が咲き始めますが、次々と花をつけるので
結構長い期間花を楽しめます。
川沿いの湿気の多い急な岩場に生える
しみ出した水が垂れているような
渓流の半陰地の岩場に山では咲いているそうです
c0050857_1234465.jpg

小いわたばこ科には
グロキシニア、ストレプトカーパス、セントポーリア
等の小さめで、可憐な種類があります。

我が家の岩たばこは、昨年花屋さんから買った鉢植えです。
山の岩たばこよりも、花が大きいですが
ストレプトカーパスに似ているようです。

葉っぱは、セントポーリアの葉を大きくしたようでもあります。
c0050857_12404135.jpg

c0050857_1241858.jpg


爽やかな青い花色で、とても好きな花の一つです。
日本でも、海を渡った北朝鮮でも
この季節は雨かも知れません
ガラス戸を伝う雨を見て思うのはどんなことでしょう
遠いい月日の向こうにある、家族のことでしょうか
年老いたかもしれない、父や母の事でしょか

c0050857_12164476.jpg

「私は、忘れない」とブッシュ大統領は言いました。
随分と、安いお言葉ではないかと感じます。
拉致をされた人は勿論、ご家族にとっても
「忘れられること」ではありません。

数限りない、テロや悪事を行ってきた、かの国を懐柔するのには
順序をつけなければならないかもしれません
しかし、「忘れていない」ではすまないのです。

かの国の、指導者はどうやら日本を相手にしていないようです。
アメリカが敵国ではないと言ってくれれば
もう日本の言うことなど、聞く必要を感じないのでしょう。

一言、日本だけではない各国が、声を揃えて
「拉致の被害者は、全員帰国させなさい。」と声を揃えて言うべきです。

雨、がさびしい、涙雨です
7月5日、ツール・ド・フランスが始まります。
距離4000km、高低差2000m以上という難コースを20日余りで走るという過酷な自転車レースです。
このツールで七連覇したのがランス・アームストロングです
c0050857_9364885.jpg

この方の自伝をご紹介します。
ただの、体力自慢の青年の自伝ではありません

「ただマイヨジョーヌのためでなく」
困難な、壁に向き合った時、
病や、孤独、どうにもならない状況にはまってしまう事があります
そうしたときに
自分一人ではないことを感じられればと思います。

不思議な連想ですが、
テレビドラマで自閉症の青年の役をしていた、草薙剛の演じる青年が
呟いていた。
ツールドフランスの優勝者の名前を思い出しました。
なんででしょうか、
出口の見えない 先天的な病
それにも、負けない強い心

3年ぐらい前の事でしょうか???
少し薄暗くなってから、
夕方のお散歩に出かけました。

「せっかく、お部屋で和んで居たのに。・・・・・」
ぶつくさ言いながらついてきた「勇気」です。
c0050857_8492873.jpg


何時もは、夕焼けのきれいな運河沿いの散歩道ですが
今日はカエルの鳴き声が気になります。
「何か出そうで、怖いな~」
ビクビク している「勇気」です。
c0050857_8533778.jpg


飼い主の、思いつきのダイエットは、継続進行中ですが
最初の頃ほどの、成果は感じられません
朝の散歩と、夕方の散歩で5000歩位にはなるでしょうか
距離にして、5km位です。
先週で6歳になったので、だいぶおじさんの「勇気」です。
c0050857_911194.jpg

朝日新聞の「死に神」報道には
ユーモアーのかけらも感じられませんね

そうやって決めつける、報道側はよほど偉いとお思いなのか
犯罪には、加害者の人権以前に、
被害者の人権も、その家族の心情もあるのではないでしょうか

個別の被害者が、怨嗟を復讐せずに
社会の仕組みとして、悪いことをしてはいけない
司法の裁きではないのでしょうか

嘘をついた子供を叱る際 
「閻魔様に舌を抜いて貰う」
そう言われて来ませんでしたか。
漠然とでも、「閻魔様」は怖い、恐ろしい、と庶民感覚で
刷り込まれえいます。

報道機関としては、どんな釈明をするのでしょか?
c0050857_11363184.jpg

c0050857_10252113.jpg
地震規模M7程度(震度6程度)の地震が発生したら
どうなるでしょう

いやまだ、しばらく先かも知れないしと言ってないで
耐震化、やればできるです。

予算や、お金がないのは
そこも一緒ですが
小学校や中学校も子供が少なくなったなら、
今の校舎を4階建てから、上半分を切り取って2階建てにするだけで
予算の半分で出来ちゃいます。
耐震化へ一歩前進です。

昨日、知り合いの建設会社の方とお会いしたので
お茶をしながら、お聞きしました。
「お仕事は、景気が悪そうですし受注の方はどうですか、?}
<確かに、採算の悪いマンションの仕事は激減したのですが、事務所ビルや、公共建物の耐震化の仕事が随分あるので、大丈夫です。>

窮すれば、通じるで材料費が上がったりしていますが
、なんとかなるもんですね。

そうか、景気が悪いって、ぼやいていないで、
やれることから、やれば出来ますね
先日の地震の時は
ちょうど台所で、熱い鍋を持っていました。
岩手県とは 距離にして随分と離れていても
今回はドキッと感じましたね、
一瞬、眩暈かと思いんましたが
手に持っているものが
熱いお味噌汁の入った鍋でしたので
ひやりとしました、阪神淡路の時を連想しまして
どこかでも大きな被害がなければと、思わざる得ませんでした。

今回のように 山ごと崩れて土石流になっては
逃げようがありませんが
普通の家でも、家具は倒れる、冷倉庫はは飛んでくる
家が崩壊しなくても大変な被害だそうです。

生きているうちに、大きな地震に会うかどうか
この後、何年生きるかですが
日本に暮らしている以上は
かなり、確率が高そうです。

少なくても、自分で出来る対策はありそうです。
家具の下に、制震クッションを入れるだけで随分違うそうです。

もちろん、家を新築できるのでしたら
柱の下にローラーや、ダンパーを入れた免震工法や
衝撃を吸収するダンパーを柱の間に入れた制震工法があるそうです。
c0050857_23313833.gif

逆に、何も、がっちりした太い柱やコンクリートは必要無いそうです。
建物が軽くなれば、揺れないので
建物の下の土を、建物分の重さだけ掘り取って
軽い発砲樹脂の固まりに家を乗せると
船に乗った様な物で、地震時は振動を感じない事もあるそうな?。

中国の四川の地震のように何万人の一人になる前に
自分で出来ることが有りそうです。
秋葉原事件を見ていて、感じました
これは、特異な人が起こした事件ではなくて

社会から拒絶されて
はみ出してしまった人たちが沢山いるということです。

そういう人たちの、生き血を吸っているのは
グットウィルやフルキャストのように新聞に出てくる
派遣会社だけでなく、それを,平然と利用している、私たちの社会です。

勿論の事、それを推し進めた政府や財界の責任もあります。

思い起こしてもてください
その昔は、給料が安くても
我慢して、一生懸命やれば、其の内、年月がたてば
なんとかなる・・と思えたのです。

秋葉原事件の加害者だけでなく
夢を抱けない人たちが街をさまよっています。

今年は、消費者物価が間違いなく上がる事になる年です。
私は、中程度にせよ、インフレが来るのだと確信しています。
消費者は、自分のお財布は、買わない事でしか、対抗できません。

頑張りましょうね。
今日は「勇気」の誕生日だよ。
c0050857_19524140.jpg


まだ、赤ちゃんの時の顔です。
6歳になりました。
堂々とした、おやじ振りで、最近はみなさんがよけて下さいます。
昔は、小さかったな
c0050857_22411240.jpg


今朝のお散歩道でも、思いました。
この子が来てくれて、ほんとによかったね

毎日のお散歩は
それはそれは、大変だけれど
こうして、早朝のすがすがしい空気も味わえるし
何よりも、勇気をはさんで夫婦で散歩する時間の
とれた事です。

忙しい、忙しい、の毎日は変わらないのですが
毎朝、6時からの30分
雨の日も、寒い日も、ありますけrど
何にも、説明はいりませんね。
「勇気」とお散歩できるだけでよいですね。