カテゴリ:散歩道での発見( 285 )

ゴールデンウィークから6月にかけて関東地域では都わすれの花が咲きます。
可憐な花なので、野草というよりも、大切に守られている花のようです。
ヨメナとも、野春菊とも違うようです。
写真は越前昌和さん、上田令子さんから頂きました。
c0050857_05315550.jpg
c0050857_05313489.jpg

先日、神奈川県茅ケ崎市の氷室椿園に行ってきました。

 茅ヶ崎駅南口から徒歩約15分、海へ向かって進み、少し東へ進んだ閑静な住宅街に有りました。
 今にも雨の降り出しそうな、お天気模様でしたが、静かなお庭を楽しむことが出来ました。

 氷室椿庭園は氷室 捷爾さん・花子さん夫妻の庭園を茅ヶ崎市が遺贈を受けて公開しています。
、平成3年10月に開園したそうです。
 
 こじんまりしていますが、椿園の名の通り、主に椿の銘木が揃っていて
 静かなお散歩を楽しむには、海も近くてよいところだと思います。
c0050857_930550.jpg

c0050857_9303561.jpg

c0050857_932195.jpg
c0050857_9322426.jpgc0050857_9325920.jpg
c0050857_937147.jpg
c0050857_9401763.jpg

今朝は6時過ぎから「勇気」とお散歩に出かけました。
夜半に降った雨が晴れて、
雑木林の散歩道の気持ちの良いことと言ったら
これ以上の時はありません。

林を抜けた頃、また降り出しました。
c0050857_811119.jpg

c0050857_8113125.jpg

c0050857_8123472.jpg

c0050857_8132237.jpg

年々 歳をとるのは仕方がなく
今年も病気にならずに 秋を迎えられたことを喜ぶべきでしょう
11歳で少し、足元がおぼつかなくなりました

c0050857_11205139.jpg

 八木千賀子さん撮影
c0050857_11222896.jpg
c0050857_11221338.jpg
c0050857_11214683.jpg

この春、行ってみたい街!気になるスポット&街の風景

久しぶりに渋谷に出ました。
渋谷マークシテイホテルの窓からの渋谷の街です。
c0050857_22571139.jpg
c0050857_22581140.jpg

下の、駅前ゾーンは 相変わらずにセンター街などは若い人でいっぱいです。
東横線が新宿・池袋へと乗り換えなしで行けるのは
驚く程の、時間短縮になります。 わずか乗り換えの10分でも大違いです。

それでも、この街の力は変わらないと思います。
安売りには走るのではなく
ワクワク出来ることに出会える街になって欲しいものです。
我が家のガーデンの春は 桃の花で始まりますが
桃の花の次は ニラ草でしょう。
ガーデンといっても、ほとんど手入れする人がおりません。

父が健在の頃は、バラの花が主役でその他の野草は隅の方にあるだけでしたが
今やこの季節は、バラの花壇が一面にニラ草になります。

ただ、これも、僅かな期間だけで
暑い夏の頃になると、ガーデンは一面が蕗やミョウガの世界になります。

今の季節だけ、カラフルです。
ニラ草の手前に 空豆の花が見えます。
陽当りの良いところでは、その他の花も咲いています。
c0050857_228534.jpg

c0050857_2294430.jpg
c0050857_2210018.jpg
c0050857_22102451.jpg
c0050857_22103832.jpg
c0050857_2211072.jpg
c0050857_22111474.jpg

2013年の桜は 例年よりも早く咲き始めましたものの、寒い日が有り
あと2日くらいは、満開でいるでしょう
八重の桜は まだ咲いていません。

テレビドラマの方は、まだ娘時代をしており
今週あたりが、初めての結婚でしょうか、
ちらし寿司のように、豪華な脇役が、様々の個性を楽しませてくれます。

兄嫁のウラ役の長谷川さんと始めての結婚相手役の長谷川さん
c0050857_15274077.jpg
c0050857_15285559.jpg
どちらも、良い脇役ですね。

さて、勇気のお散歩道、満開の桜道は今週で最後です。
c0050857_15313760.jpg
c0050857_1532336.jpg
c0050857_15325890.jpg
c0050857_15333284.jpg
c0050857_153415.jpg

c0050857_15363950.jpg

例年より、暖かかったここ10日あまりのお天気で桜は満開です。

しかしながら、花見への出足は鈍いのは景気の先行きを連想します。
アベノミクスで、デフレの脱却への期待から、株式市場も沸いていますが

米国株にしても、史上最高株価が、この先も続くわけはなく
プロ投資家は、利益確保出来次第店じまいでしょう。

米国の財政の崖がなくなったわけではなく
日本の巨額債務は更に増える事も当然だからです。
キプロスの国民は、今まさに
国民の預金と資産を2割カットする法案を否応無しに飲まざる得ません。

我が家では、当面の処、不安はありますものの
今年の春を、ゆるゆる、楽しんでいます。

c0050857_14105256.jpg
c0050857_14114355.jpg
c0050857_14121652.jpg

c0050857_14153973.jpg

今朝のお散歩道から
c0050857_14445854.jpg

c0050857_14455977.jpg


高木 佳子 歌集より 抜粋

くちびるに雪かと思ふ指あててたれにも言つてはいけないと言ふ
                      (「覆ふ」)
手花火の重さが赤きサルビアと等しきことをまた言ひ出せず
                      (「哀原」)
ひやしんす水に浸してそのみづの下のあたりを覆へりくらく
                      (「覆ふ」)
ミルフィーユむごく崩せるけふの日のこの切り岸のごときいつとき
                      (「冬の光」)
蜂蜜に花梨沈めてゆくときの緩慢 前に見しことのある
                      (「界雷」)
深くふかく目を瞑るなり本当に吾らが見るべきものを見るため
                      (「見よ」)

c0050857_14471724.jpg

内田 正泰 さんの作品です・

どの作品も、スチール写真にはない、心象風景が切り取られています。

往く春
c0050857_223367.jpg

春こみち
c0050857_2243791.jpg

春とまる
c0050857_2254525.jpg

雪が消えたら
c0050857_2263431.jpg

鳶ピーヒョロ
c0050857_2271988.jpg

萌える丘
c0050857_22817.jpg