カテゴリ:映画・テレビ( 23 )

小さなおうちに出演した
黒木華さん(23)
ベルリン国際映画で最優秀女優賞に これからが期待されます。
c0050857_9264944.jpg

c0050857_9274541.jpg

c0050857_9282762.jpg

この頃は、すっかり嵌って 毎週楽しみにしています。八重の桜

週替りで、渋い脇役が、舞台を彩ります。
その他の方も、豪華絢爛 皿鉢料理のような塩梅です。
c0050857_2351194.jpg
今週は 蛤御門の変の前夜 佐久間象山が討たれる場面
騎馬で山階宮家(やましなのみやけ)よりの帰途に、
尊皇攘夷派の肥後藩士・河上彦斎(げんさい)らに暗殺された象山を奥田瑛二さんが演じました。
c0050857_2372510.jpg

脇役といえば、中村獅童さんも、同じく光ります。

まだ始まつたばかりなので まずは、見てくれる方を集める作戦の様です。
主役は、まだ、お供え程度ですが これから重くなるでしょう。
期待しましょう。

c0050857_23142976.jpg
昨日、ロシアに隕石が落ちてきて 明日にもまた近づいてくるとのこと

2年ほど前の「メランコリア」という映画を思い出しました。
そんな時はどうするの

実は、その時は何もすることはできないの「憂鬱」だなということ
映画を作った方がうつ病で、ストーリーも 終末の暗示

主演おキルステンダンストさんが、存在感を示した映画でした。
c0050857_11593569.jpg

c0050857_11595612.jpg
c0050857_120466.jpg
美女と云うのにはだいぶ違う人

持つているエネルギーの強さでしょうか
個性に自信を持つのは、捨てたものではありません

日本の女優さんで云えば 樹林さんの様な人
ダンストも通り名はキキだそうです。
c0050857_12532478.jpg
c0050857_12533821.jpg
先日 メランコリーで気になつたので

ダンスト姉さん の写真を 探してみました。

随分と、変わった方です。

c0050857_22565245.jpg

この方は 芸歴30年と云うから
魔女みたいな人です。今現在いくつかわかりません、
まだ、30そこそこのはずなんだが
貫禄充分です。子役から初めて、27年~30年


c0050857_23523031.jpg
c0050857_2353398.jpg




c0050857_23112159.jpg

どうも、可愛げのない人ですが キャリアが違うのでしょう
出演作だけで70本以上、と物凄い 
、アカデミー賞も手中にしています。

 キルスティン・キャロライン・ダンスト Kirsten Caroline Dunst
 あだ名のキキ の方が似合います
c0050857_23113721.jpg

 魔女の宅急便のあちら判の、声優でもあるとか

http://matome.naver.jp/odai/2134088257631873501/2134088819432328003
c0050857_13561479.jpg

c0050857_13564028.jpg


 
c0050857_1358943.jpg

憂鬱、やりきれない この世の終わり
と云う、題名で有りましたなら、見に行きませんでした。
それでも、怖いもの見たさで、見てきました
お化け屋敷のようでありました。
c0050857_2150951.jpg


何かぞくぞくするな、寒気がするな、
主演の、キルスティン ダンストさん あくの強い美女 ???
c0050857_21504277.jpg


私たちを取り巻く、環境も似たようなものではないでしょうか。

もう返せる訳がないほど膨らんだ、国債という形の借金
消費税が上がろうとも、上がるまいとも、来年も、借金が増えるのです。

日本国の終わりは、明日でしょうか、来年でしょうか
預金も、年金も、全てが無くなると 狼おじさんの評論家が脅かしています。

本当にそうなるでしょうか。
格付け会社が、ある日、日本を格下げすると、外国人が 日本国債を何時に売りに出します。
日本国は哀れにも、1ドル 今の80円がⅠ20円位に逆戻りするのです。

あれれ、日本の輸出産業は生き返るかもしれません。
石油代が上がつて、火力発電では電気が賄えなくなり

原発を、動かさざる得なくなるかもしれません。
これが,終末の日本の一つの断面でも有るでしょう。
何よりも輸入品が高くなり、だまつていてもインフレになります。
インフレ目標なんてのは、いらないお世話です。

映画の話に戻ります。
破滅的な、やりきれなさを、演技した女優さんのおなかの座り方が
すごいですね。おお、いやだと思わせて、主演女優賞です。
そうか、演技か お見事。

ラストシーンは何も説明が有りませんが
ハッピーエンドなのでしょうか もうさよならなのでしょうか

この映画を取ったコリアー監督は
映画界を追放だそうです。そんなバカなとも思いますが
これも現実なんだそうです。
杉浦直樹さんがお亡くなりになった。

何年もの間 病床でとのことなので
お疲れ様でしたとご冥福をお祈りします。

まっ先に思い浮かんだのが、古い記憶ですが
「あ・うん」での杉浦さんです。

役者と云うのは、一瞬の演技で、長く、記憶に残るものなのですね。
いろんな俳優さんが、演じたのでしょうけれど、

一番、脂がのった時期の、演技だったのでしょう。

c0050857_2192883.jpg


c0050857_2235855.jpg

現実と、ドラマが入り混じって

どこまでが本当でしょうか ドラマでしょうか

今にも、紅茶を入れながら「おかしいですね。」右京さんが出てきそうです。
c0050857_2044528.jpg


鮫島も杉下も、少し外れた、スーパーエリートが共通するところです。
c0050857_2045338.jpg


品川美容外科事件も、ドラマの様な筋書き、思いっきり悪人の警部が容疑者です。



「絆回廊」もわくわくします。


青木昌  はどんな女優さんでしょうか
c0050857_20462999.jpg

春との旅

c0050857_2111299.jpg


増毛駅

c0050857_2123969.jpg


歳をとるのは さびしいね 

一緒に帰れて、よかったね。