カテゴリ:映画・テレビ( 23 )

遠藤周作さんの小説「沈黙」サイレンスの映画作品を
見てきました。
過酷な弾圧と、棄教を迫る役人、踏み絵
隠れキリシタン・宣教のバーデレ
祈り・沈黙の神様・実際にあった歴史上の真実です。
c0050857_23225650.jpg
c0050857_23222944.jpg
c0050857_23223722.jpg
c0050857_23222086.jpg
c0050857_23232698.jpg
c0050857_23233046.jpg
c0050857_23233661.jpg
c0050857_23231376.jpg

ハリウッド映画で 遠藤周作原作の
「沈黙」が面白そうです。
1月の21日からのロードショウですから、見に行くつもりです。
25年以上前の話題小説で、作家の遠藤周作さんはとうにお亡くなりになつています。
小説の発表当初から、話題作でしたがようやく映画化された作品です。

それだけ難しい作品なのかもしれません。
信仰を弾圧されることは、現在ではありませんが、
江戸時代の長崎・平戸での物語です。
丁寧な作品作りで、楽しんできました。 お薦め出来ます。


c0050857_15174327.jpg
c0050857_15181833.jpg
c0050857_15183129.jpg
c0050857_22070242.jpg



食欲の秋!おいしい秋グルメ&おすすめ秋
生でお魚を食べる 文化の背景

海に囲まれている日本ですが、お魚を食べられるのは
流通のプロフェショナルの築地の存在があるからです

c0050857_14142329.jpg


うに、アワビ、数の子
鮪から始まって お魚が食べられるのは
仲買の職人さんのおかげです。
c0050857_14003557.jpg
c0050857_14003557.jpg




築地ワンダーランドと云う 映画を見てきました。

築地はナンバーワンではなくて
オンリーワン 世界にここにしか無い文化の原点打と言います。

80年の歴史が築地にはあるそうですが
それ以上に、日本の和食文化の根本を担っています。

周囲を海に囲まれた日本国
生でお魚なり 貝類を食べられるのは
漁師と仲買人料理人の三拍子が揃わねば成り立ちません

寿司・天ぷら・和食 それぞれ
築地があることを前提に成り立っているそうです。

c0050857_14142624.jpgc0050857_14143251.jpg
c0050857_14141156.jpgc0050857_14141490.jpg

松竹が制作して10月から公開サれている
『築地ワンダーランド』を見てきました。
公開のタイミングからすると、豊洲への移転が11月に行われて
最後の築地ブームがあるどろうと、見込んだもののようです。

映画館は 座席も20人程度で ほとんどがら空き
しかし、それなりに 面白かったです。

c0050857_14004493.jpg
c0050857_14005183.jpgc0050857_14005696.jpg

『海よりもまだ深く』 
 味わいののあるドラマでした
 
 是枝弘和 監督 作品

不器用な家族の姿を描く家族ドラマ。
台風でひさびさに一夜を一緒に過ごす事になった
家族の思いを映しだす。
c0050857_21573889.png
樹木希林 お母さん役
阿部寛  ダメな中年男とその元妻と息子という
c0050857_21574247.png
脇役が   真木よう子元妻
      小林聡美 姉
      リリー・フランキー  上司
      近所の人 橋爪功

ライアン・ロドニー・レイノルズ
(Ryan Rodney Reynolds, 1976年10月23日 - )
c0050857_08294251.jpg
「最もセクシーな男」カナダの俳優
6月1日から始まった デッドプールDeadpool
アメリカ合衆国のスーパーヒーロー・コメディ映画である。

復讐人デッドプール  6月1日公開です。
主演のライアン。レイノルズが 週刊朝日の表紙に出ていました。

スパイダーマン のような感じ 
面白映画のようです。



c0050857_08294692.jpg

今晩 4/30 8:15~テレビドラマ「遅れてきた大本命」が始まります。
黒柳徹子さんの自伝的エッセーのドラマ化
 主演女優は 満島ひかり さん
 共演は 中村獅童・錦戸亮・安田成美さん

本人が出てくる場面もありそうですが まずは一回目
65年も前のテレビ収録の様子など 珍しいことばかり 見逃したくないですね。
それにしても黒柳さん本人が、まだ現役というのも、たいしたものです。

主演女優の満島さんの雰囲気が妙にそのものを連想させます。
c0050857_11315168.jpg

c0050857_8192152.jpg

c0050857_8195097.jpg

c0050857_8201662.jpg

丸ノ内ピカデリーで見てきました。 お客さんは8割くらいの入りでした。 

c0050857_8235872.jpg

http://www.kure-ai.com/
パトリス ルコント 監督の最新作が来ています
c0050857_8285446.jpg

「歳はとっても、恋愛に引退はない」とのフレーズに惹かれて
見に行くこととしました。
「シュテファン ツバイク」の原作を映画化したものです。

「言葉にできない感情を映像で見て戴きたい」とのことでした。
c0050857_8363342.jpg

女優さんはイギリス人ですが、(美人ですね)
フランス映画らしい、大人が楽しめる作品とのことです