イントゥ・ザ・ワイルド

今日は金曜日ですが、お仕事をさぼって映画して来ました。
若かった頃の
遠くに行きたい、旅に出たいを思い出して
急に、観たくなりました。
行きたくなったら、止められなくて。
「都合により本日は、午後はお休みします」として
映画に行って来ました。
イントゥ・ザ・ワイルド
c0050857_20181612.jpg

かなりの混雑で、人気の程が伺えました。
13:30分からの開演でしたが、お年寄りや、女性が多かったです。
半分ぐらいかしら
アメリカでは「荒野へ」の原作の
大学を卒業したての、若者がアラスカの荒野で放浪の末に
餓死した事は、原作の小説と共に有名なことのようです。
c0050857_20185217.jpg

アラスカの大自然の凶暴なまでの厳しさと
若者の問いかけた、幸せと。
幸せを分け与えることのできる家族とは。
共有できる人との関係の中での自分とは。
見事なアングルで捉えた映像が物語っています。

あまり説明の要らない、美しい自然には圧倒される気がしました。
小さな人間と
不思議なのは、道もない原野にあったバスの家でしょうか。
青年を呑み込んだ罠でしょうか。
c0050857_20204533.jpg



c0050857_20223145.jpg

青年を巡る、周囲の人たちの表情の優しいこと
温かいことが、なんとも言えない
印象です。
c0050857_20315548.jpg

c0050857_20213415.jpg

by alteri | 2008-09-11 20:38 | 映画