私は忘れない

日本でも、海を渡った北朝鮮でも
この季節は雨かも知れません
ガラス戸を伝う雨を見て思うのはどんなことでしょう
遠いい月日の向こうにある、家族のことでしょうか
年老いたかもしれない、父や母の事でしょか

c0050857_12164476.jpg

「私は、忘れない」とブッシュ大統領は言いました。
随分と、安いお言葉ではないかと感じます。
拉致をされた人は勿論、ご家族にとっても
「忘れられること」ではありません。

数限りない、テロや悪事を行ってきた、かの国を懐柔するのには
順序をつけなければならないかもしれません
しかし、「忘れていない」ではすまないのです。

かの国の、指導者はどうやら日本を相手にしていないようです。
アメリカが敵国ではないと言ってくれれば
もう日本の言うことなど、聞く必要を感じないのでしょう。

一言、日本だけではない各国が、声を揃えて
「拉致の被害者は、全員帰国させなさい。」と声を揃えて言うべきです。

雨、がさびしい、涙雨です