地震にあってから、考えること

先日の地震の時は
ちょうど台所で、熱い鍋を持っていました。
岩手県とは 距離にして随分と離れていても
今回はドキッと感じましたね、
一瞬、眩暈かと思いんましたが
手に持っているものが
熱いお味噌汁の入った鍋でしたので
ひやりとしました、阪神淡路の時を連想しまして
どこかでも大きな被害がなければと、思わざる得ませんでした。

今回のように 山ごと崩れて土石流になっては
逃げようがありませんが
普通の家でも、家具は倒れる、冷倉庫はは飛んでくる
家が崩壊しなくても大変な被害だそうです。

生きているうちに、大きな地震に会うかどうか
この後、何年生きるかですが
日本に暮らしている以上は
かなり、確率が高そうです。

少なくても、自分で出来る対策はありそうです。
家具の下に、制震クッションを入れるだけで随分違うそうです。

もちろん、家を新築できるのでしたら
柱の下にローラーや、ダンパーを入れた免震工法や
衝撃を吸収するダンパーを柱の間に入れた制震工法があるそうです。
c0050857_23313833.gif

逆に、何も、がっちりした太い柱やコンクリートは必要無いそうです。
建物が軽くなれば、揺れないので
建物の下の土を、建物分の重さだけ掘り取って
軽い発砲樹脂の固まりに家を乗せると
船に乗った様な物で、地震時は振動を感じない事もあるそうな?。

中国の四川の地震のように何万人の一人になる前に
自分で出来ることが有りそうです。