タミフルの化学合成へ道筋

ゲノム科学の成果で
c0050857_12195226.gif

インフルエンザの特効薬に開発の道筋が開けるかもしれません

「東大の柴崎正勝教授らは石油から生成する「1、4―シクロヘキサジエン
」という安価な物質から特殊な触媒を使いタミフルを合成した。
造途中でシキミ酸を経ないため、
タミフルに耐性を持つウイルスが出現しても新薬を作れる可能性があるという」

スイスの株式市場はロシュのおかげで
大変な活況だそうです。

さて、わが国では、どうなるでしょうか
インフルエンザは、流行して欲しくありません
ついでに「花粉症の特効薬」も作ってね。