日本と中国

書の至宝 展が昨日から始まりました。
日本人の対中国に対するイメージは年を追って悪くなります。
日中友好の頃と、現在では取り巻く状況が違うかもしれませんが
このままでは良いと思えません。
日本と中国
共通の文化基盤の一つに漢字文化があります。
中でも、聖徳太子の昔から続く、書の文化は大切な財産です。
真筆を見ることの出来る、数少ない機会だと思えます。
c0050857_21385696.jpg