六本木から、秋を感じますね

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。
舟の上に生涯を浮かべ馬の口とらえて老をむかふる物は、
日日旅にして旅を栖とす。
古人も多く旅に死せるあり。
予もいずれの年よりか片雲の風にさそはれて、
漂白の思ひやまず、・・・
芭蕉です。

昼間はそこそこ暑かったのですが
秋風を感じて、物寂しい気分です。

六本木から眺めると
東京タワー(^^} が今夜は、白く見えます
c0050857_2221072.jpg

昼間は、こちらの方が迫力があります。
時々、エレベーターが登ってゆくのですが
下から見上げているのもアホらしくて、うまく撮れませんでした。
c0050857_5221637.jpg