自民党は生まれ変わるのか

毎日新聞の社説の一部です。

小泉純一郎首相は「古い自民党とは手を組まない」と言い切った。
自公合わせて過半数に達しなかったら退陣するとも言明した。
仮に造反組が当選してきても、復党や連携がないことを意味している。
その発言には責任を持ってほしい。
感情に任せて放言し、都合が悪くなると、前言を翻すようでは、政治は薄っぺらになる。
そんな政治家に信を置くなどできない。

 小泉首相が描く選挙戦略は明確だ。
選挙の争点を郵政問題に絞り込んで、テーマを拡散しないように努めている。
郵政改革だけを問う「国民投票」にもっていけたら
、改革派対抵抗派の対立軸がはっきりして
「国民は私を支持してくれる」という強い思い込みがあるようだ。
だから、自民党内の反対派も野党もひとまとめにして扱おうとしている。
首相の思惑通りにことが運ぶのかどうかは有権者が審判する。