テロ事件でお気の毒

ロンドン警視庁は23日
22日、午前にロンドン市南部の地下鉄駅内で、
警官が射殺した男性は21日に起きた同時爆破テロ事件とは関係がなかったと発表した。
ストックウェル駅で撃たれた男性は21日に起きた事件とは関係がないと公表。
「あのような状況下で命を失うことは悲劇であり、
警視庁も残念に思う」としている。

お気の毒としか言い様が有りません
テレビのニュースで見て、
『なんてひどい』、差別じゃない・・・と怒りを感じていました。
しかし警視庁の、誤りを認めるのも、迅速で
公正な姿勢を感じますね。