アップル

はじめから諦めていたら 何も始まらない
出来るところから、まず始めるで。
 そこがスタートです。

c0050857_1134247.jpg

【ニューヨーク=共同】米太陽光発電大手ファーストソーラー(アリゾナ州)は十日、カリフォルニア州に建設する大規模太陽光発電所(メガソーラー)に米IT大手アップルから八億四千八百万ドル(約一千億円)の出資を受けると発表した。

ファーストソーラ㈱の 社章を見て
日本国の国旗を連想します。

日本のリーダーは、何もしていないうちから諦めているのでしょうか。
総理大臣が「やるぞ」と宣言すれば、何でもできる筈です。

『原発比率は10年後に
10%未満を実現する。』

 断固として決めれば産業界も・電力業界も走り出すのではないでしょうか。
残念ながら、現在は原発比率を20%代として、老朽化した原発も再稼働するようです。

世界はとっくに先を読んで行動を起こしています。
アップル社=アメリカ+ドイツに先手を取られたら、10年先は負けるでしょう。
国民投票も何もいりません、断固として決めればよいのです。
c0050857_11153187.jpg


出来ない理由を並べるのではなく
始めてみましょう。