TPP交渉はアメリカの罠にはまらない事が肝心

TPP交渉は、日本が粘り強く説いても
アメリカとの綱引きは一進一退ではなく、
徐々に譲歩を強いられているようにさえ見えます。
関税は、格差是正のための正当な権利です。
それゼロにしてしまえば、日本の農業は立ち行かなくなります

今日は建国記念日ですが、国が立国の根本を保つためには
食糧の自給率を死守しても守らなければなりません。
少なくても、国内の農業生産で半分は賄いたいものです。

勿論の事ですが、自助努力が何よりも必要です。
農協JAも、自ら変革に突き進むことでしょう。
c0050857_17415196.jpg