コロンブスの卵の風力発電

c0050857_22352017.jpg私もそうですが、 風力発電の出来る所って

北の、津軽半島 最果て岬
四国、高知の、誰も居ない、 潮の岬

そんなイメージがありました。
そんな風の強い場所で、大きな風車が幾つも並んで、
ここでならば、迷惑が掛からないし、
何も生産の出来ぬ、過疎地、
の田舎に行かねば、立地がないと思っていました。
原子力発電所と一緒の立地と思っていました。

しかし、つくった電力を使うのは、消費地です。
使う所の、すぐ近くで、あることを感じないくらい
小さくて、控えめで、メンテナンスフリーならどれだけ良いでしょう。
まして、風力発電は、放射能も出さなければ、二酸化炭素も出しません。

風の強いところ、
都会には、目の前に風が強いところが有るではないですか。