児玉先生の一言で、幾らかでも、動くはず

普段は、穏やかなはずの児玉先生が

「いったい、国会の皆さんは、何をやつているんですか。」と声を上げた

効果が、実るかもしれません。

放射性物質:菅首相、除染の専門家呼び2時間議論<毎日JP>
菅直人首相は15日、東京電力福島第1原発事故で飛散した放射性物質の除染に関し意見を聞くため、東大アイソトープ総合センター長の児玉龍彦教授らと官邸で会った。児玉氏は「汚染の程度を全部明らかにし、住民中心で除染計画を考えないといけない」などと提言した。

福島県南相馬市で除染活動をしている児玉氏は、7月27日の衆院厚生労働委員会に参考人として出席し、「7万人が自宅を離れてさまよっている時に国会は一体何をやっているのか」と国の対応を批判し反響を呼んだ。

首相は、政府の除染対応が縦割りになっているとの意識を持っており、児玉氏を呼んだのは首相の強い意向。会談は約2時間続き、細野豪志原発事故担当相や松下忠洋副経済産業相らが同席した。【中井正裕】

毎日新聞 2011年8月15日


c0050857_11182036.jpg