和合 享一さん 止まらない 言葉の奔流

春は福島へと
 地響きをたてながら やって来て 
夏へと 連れていこうとするのだ
 たくさんの失われた 魂たちが 汽笛に誘われて 切ない 寂しい
 公園の ここ そこを 私たちの命を励ますように
 煙をあげて もうもうと 機関車よ 来い

機関車よ来い お前は 俺たちの誇りだ
 機関車よ来い お前は 福島の誇りだ
 煙をあげて 高らかに 汽笛を鳴らし 季節を震撼させ
 汗と涙を運び 血を燃やし 
俺たちの 人生の鉄の道を 間違いなく 突き進め
 先へ 意志よ 歴史よ 未来よ 拳よ シュッ シュッ 

故郷を愛する
 故郷で生きる
 故郷を駆ける 
故郷を駆け抜けて 駆け抜けたい
 煙をあげて 進む 迷路 三叉路 隘路
 風の 道 歌が 聞こえる ね
 故郷の 川の せせらぎ シュッ シュッ  


c0050857_1154885.jpg