茨城以南「ダブル空白域」

茨城以南「ダブル空白域」

2011年6月7日(火)9時1分配信 共同通信 
 昭和三陸地震で倒壊した家屋と住民=1933(昭和8)年3月4日、現岩手県釜石市只越町(電通アルバム) [ 拡大 ]
-PR-
 東北に大津波をもたらした1896年の明治三陸地震や1933年の昭和三陸地震と同タイプの巨大地震が今後発生するとすれば「北緯37度以南の茨城―房総半島沖」の可能性があるとの解析結果を、建築研究所の古川信雄研究専門役(地震学)が7日までにまとめた。茨城―房総沖の日本海溝を挟んだ両側が、両タイプの地震の空白域とみられるため。海溝の西側で起きるのが「明治三陸型」、東側が「昭和三陸型」とみており「警戒が必要」としている。

@ibaraki_Support


c0050857_2256384.jpg