ニューヨークと日本経済

ニューヨークの市場がどんどん冷え込んでいます
下り坂の勢いは止まりません

2月18日
 世界経済の先行きが懸念され、ダウ平均株価(30種)は、3営業日連続で下落し、前週末比297・81ドル安の7552・60ドルと、昨年11月20日以来の安値で取引を終えた。


日本経済の先行きは、、私たちが知っているより
ずっと悪いのではないでしょうか。
現役の財務、金融担当大臣が、執務中に酒浸りにならざる得ないほど
実態が悪いのでは、と思えてきました。
c0050857_10314427.jpg