なぜ、安いのか?

かんぽの宿はなぜ安いのでしょうか。

ニュースを見ても、誰も解説してくれません。
2400億円もかかったものが109億円とはと
怒っている大臣がいますが、
国民には、分かるように説明して欲しいですね。

かんぽの宿の取引は
株式分割による、株式取引です。
株式取引と云う事は、簡保の宿は、恒常的に垂れ流しの赤字なのですから、
一株当たり、109円でも高いと言えます。

買った人は、組織と人と赤字を買うのですから。

ですから、ゆうせい㈱の西川社長が、{なぜ文句をつけられるのか}
と云うのも正しいのです。

しかし、現在の赤字は、ゆうせい㈱の経営の仕方に責任があり
施設の、不動産価値ではありません。
c0050857_3454612.jpg

しかしながらましてや、東京の都心の社宅用地を混ぜたとなると
まるで、違ってきます。

ニュース ステーションもNHKもおかしいことを
報道しないのが、おかしいです。