倒産件数の増加 2000年以来の件数に

倒産が5年ぶり1万5000件超 08年、負債額倍増の12兆円
中日新聞2009年1月14日 朝刊
c0050857_5131077.jpg

民間信用調査会社の東京商工リサーチが13日発表した2008年の全国企業倒産状況(負債1000万円以上)によると、東証一部上場の7件を含む上場企業の倒産が33件と、02年の29件を上回って戦後最悪となった。金融危機による資金繰りの悪化が、経営規模の大きい上場企業も直撃した。
倒産件数は前年比11・0%増の1万5646件。03年以来5年ぶりに1万5000件を上回った。
負債総額は同約2倍増の12兆2919億円。米証券大手リーマン・ブラザーズの日本法人「リーマン・ブラザーズ証券」と関連3社の破たんによる4兆6957億円が、負債総額を押し上げた。10兆円突破は5年ぶりで戦後7番目の規模。

から

ますます厳しくて、寒い日々ですが
心はあたたく、元気出して頑張りましょう
c0050857_51978.jpg